在宅医療とは

HOME  >  在宅医療とは

トマト薬局の在宅医療とは

トマト薬局では愛媛・岡山でのさらなる地域貢献を目指して、積極的に在宅医療に取り組んでいます。

  • 薬剤師が患者様のご自宅(ご施設)を訪問し、お薬の用法用量、効能効果、注意すべき点や管理方法に関する説明・確認を丁寧に行うことにより、お薬を有効かつ安全にお飲み頂くことができます。
  • 医師、看護師、ケアマネジャー、他の居宅サービス事業者やその他の保健、医療、福祉サービスを提供する方々との密接な連携を行います。
  • 患者様への寄り添いを大切にしています。お薬以外のことでも分からないことや心配なことがありましたら、担当の薬剤師にご遠慮なくご質問・ご相談ください。

費用について

・お薬代は一般の医療機関でお薬を受けとる場合と同様に各種健康保険が適用となります。

・介護保険における居宅療養管理指導費の場合、1回の訪問につき下記の金額が別途必要となります。

お一人の患者様を訪問する場合
503円
同時に複数の患者様を訪問する場合(ご施設様など)
352円
※医療用麻薬のお届けの場合
上記に100円加算

・介護保険をお持ちでない患者様は、上記該当費用は医療保険での請求となります。算定基準は介護保険と同等です。

・交通費は頂いておりません。

在宅医療の業務について

1.医師の訪問診療後、処方せんを承ります。※主にファクスにて承り、訪問時に処方せん原紙を頂きます。

医師の訪問診療後、処方せんを承ります。
2.受け取った処方箋の内容をしっかりチェックします。

受け取った処方箋の内容をしっかりチェックします。
3.患者様のご要望に合わせてお薬を準備します。※剤形の変更、一包化は医師の許可が必要です。

患者様のご要望に合わせてお薬を準備します。
4.お薬の準備が整えば、患者様・ご家族様へ連絡を行い、ご都合の良い日時に訪問を行います。※交通費は不要です。

お薬の準備が整えば、患者様・ご家族様へ連絡を行い、ご都合の良い日時に訪問を行います。
5.訪問時にゆっくりと丁寧にお薬の説明を行います。

訪問時にゆっくりと丁寧にお薬の説明を行います。<
6.副作用の有無や体調の確認を行います。

副作用の有無や体調の確認を行います。
7.飲み忘れがないように、お薬の管理をしっかりとサポートします。 ※必要時にはお薬カレンダーやお薬BOXを活用したお薬管理を行います。ご施設様においては、服薬管理業務を当薬局が担うことで、職員様が介護に専念できる環境を整えます。

飲み忘れがないように、お薬の管理をしっかりとサポートします。
必要時にはお薬カレンダーやお薬BOXを活用したお薬管理を行います。
8.緊急時は24時間365日対応を行い、患者様の手元に速やかにお薬をお届けします。

緊急時は24時間365日対応を行い、患者様の手元に速やかにお薬をお届けします。
9.在宅医療ならではの特別な知識・管理の必要な医薬品・医療機器の取り扱いを行っています。

医療用麻薬の準備医療用麻薬の準備
高カロリー輸液セットの準備高カロリー輸液セットの準備
無菌調剤無菌調剤
持続シリンジ型ポンプの貸出持続シリンジ型ポンプの貸出
10.訪問後は医師/ケアマネージャーに訪問実施報告書を提出します。

訪問後は医師/ケアマネージャーに訪問実施報告書を提出します。
11.他(多)職種との連携を積極的に行っています。

自宅カンファレンスへの参加自宅カンファレンスへの参加
施設様との合同勉強会施設様との合同勉強会
訪問看護ステーション様との合同勉強会訪問看護ステーション様との合同勉強会
12.薬剤師が行う在宅医療の普及活動を行っています。

がん診療地域連携懇談会にてがん診療地域連携懇談会にて(2013)
岡山県訪問看護ステーション連絡協議会連絡協議会だより岡山県訪問看護ステーション連絡協議会連絡協議会だより 2013年9月号に掲載(2013)