在宅医療とは

HOME  >  在宅医療とは

トマト薬局の在宅医療とは

トマト薬局では愛媛・岡山でのさらなる地域貢献を目指して、積極的に在宅医療に取り組んでいます。

  • 薬剤師が患者様のご自宅(ご施設)を訪問し、お薬の用法用量、効能効果、注意すべき点や管理方法に関する説明・確認を丁寧に行うことにより、お薬を有効かつ安全にお飲み頂くことができます。
  • 医師、看護師、ケアマネジャー、他の居宅サービス事業者やその他の保健、医療、福祉サービスを提供する方々との密接な連携を行います。
  • 患者様への寄り添いを大切にしています。お薬以外のことでも分からないことや心配なことがありましたら、担当の薬剤師にご遠慮なくご質問・ご相談ください。

費用について

・お薬代は一般の医療機関でお薬を受けとる場合と同様に各種健康保険が適用となります。

・介護保険における居宅療養管理指導費の場合、1回の訪問につき下記の金額が別途必要となります。

お一人の患者様を訪問する場合
650円
同時に複数の患者様を訪問する場合(ご施設様など)
320円または290円
※医療用麻薬のお届けの場合
上記に100円加算

・介護保険をお持ちでない患者様は、上記該当費用は医療保険での請求となります。算定基準は介護保険と同等です。

・交通費は頂いておりません。

在宅医療の業務について

1.医師の訪問診療後、処方せんを承ります。※主にファクスにて承り、訪問時に処方せん原紙を頂きます。

医師の訪問診療後、処方せんを承ります。

2.受け取った処方箋の内容をしっかりチェックします。

受け取った処方箋の内容をしっかりチェックします。

3.患者様のご要望に合わせてお薬を準備します。※剤形の変更、一包化は医師の許可が必要です。

患者様のご要望に合わせてお薬を準備します。

4.お薬の準備が整えば、患者様・ご家族様へ連絡を行い、ご都合の良い日時に訪問を行います。※交通費は不要です。

お薬の準備が整えば、患者様・ご家族様へ連絡を行い、ご都合の良い日時に訪問を行います。

5.訪問時にゆっくりと丁寧にお薬の説明を行います。

訪問時にゆっくりと丁寧にお薬の説明を行います。<

6.副作用の有無や体調の確認を行います。

副作用の有無や体調の確認を行います。

7.飲み忘れがないように、お薬の管理をしっかりとサポートします。 ※必要時にはお薬カレンダーやお薬BOXを活用したお薬管理を行います。ご施設様においては、服薬管理業務を当薬局が担うことで、職員様が介護に専念できる環境を整えます。

飲み忘れがないように、お薬の管理をしっかりとサポートします。
必要時にはお薬カレンダーやお薬BOXを活用したお薬管理を行います。

8.緊急時は24時間365日対応を行い、患者様の手元に速やかにお薬をお届けします。

緊急時は24時間365日対応を行い、患者様の手元に速やかにお薬をお届けします。

9.在宅医療ならではの特別な知識・管理の必要な医薬品・医療機器の取り扱いを行っています。

医療用麻薬の準備医療用麻薬の準備
高カロリー輸液セットの準備高カロリー輸液セットの準備
無菌調剤無菌調剤
持続シリンジ型ポンプの貸出持続シリンジ型ポンプの貸出

10.訪問後は医師/ケアマネージャーに訪問実施報告書を提出します。

訪問後は医師/ケアマネージャーに訪問実施報告書を提出します。

11.他(多)職種との連携を積極的に行っています。

自宅カンファレンスへの参加自宅カンファレンスへの参加
施設様との合同勉強会施設様との合同勉強会
訪問看護ステーション様との合同勉強会訪問看護ステーション様との合同勉強会

12.薬剤師が行う在宅医療の普及活動を行っています。

がん診療地域連携懇談会にてがん診療地域連携懇談会にて
岡山県訪問看護ステーション連絡協議会連絡協議会だより岡山県訪問看護ステーション連絡協議会連絡協議会だより

13.退院時カンファレンスの実例

出席者 〇病院 〇医師・病棟看護師・管理栄養士・理学療法士・作業療法士・相談員、

在宅医・ケアマネ・介護福祉士・訪問刊看、訪問薬剤師(尾場瀬)、患者本人・息子

〇病院医師より

12/30に入院31日頭部CTにて陳旧性脳梗塞の診断にて加療1/4~リハ開始、新規ストロークによる症状などはその後見られず。潰瘍性大腸炎による貧血もあり入院時CRP7.0、最近の採血ではCRP2.0Hb10.5にまで回復

病院PT

入院時は右下肢筋力低下のため立位は保てなかったが、リハにより休みながらではあるが30m歩行可能

病院OT

座位は問題なく、移乗動作は問題なくなり入浴も介助があれば問題ないところまで回復

病院ST

コミュニケーションリハビリを実施するも短文でYES、NOで答えることしかできない状態は変か見られず。今後言語障害アプリを導入し在宅でもサポートしていく

病院管理栄養士

入院中は高血圧のため減塩食、最低栄養量は1300~1400Kカロリー。在宅に帰っても食事制限はしなくて良い

在宅医

在宅加療中リアルダを本人否定するも自己調節の可能性大、今後在宅ではポータブルトイレを使用してもらい便の性状を確認する

ケアマネ

今後は薬の服薬管理を厳重にする

息子

要介護認定が2だがもう少しあげてもらえば、介護サービスをもっと利用できるのではないか?在宅医は自力で結構できているので3に上げることは困難

訪問薬剤師(尾場瀬)

入院時ビオフェルミンが顆粒であったが在宅時は錠剤。今後は錠剤で服用することを確認。入院時ファモチジンが1日20mgに減量されていたが、腎機能障害があったのか確認。在宅時は40mgに戻すこと確認。リアルダは本人が言っていることと実際の服用が合っていないと推測されるので皆で服用確認するように徹底。