石元 秀和

先輩の声

Q1. 薬剤師に興味を持った理由は?

父と同じ仕事をしたいと思ったためです。 私の父が薬剤師をやっており、父と同じ仕事をしたいと思い、小学生の時には薬剤師に興味を持っていました。高校に入学した頃には本格的に薬剤師になるための勉強をしており、父が休みの日は勉強を教えてもらったりしていました。

Q2. あなたの仕事のやりがいとは?

沢山の方々と出会えることです。 やりがいは数え切れないほどあります。その中でも一番やりがいを感じるのはたくさんの患者様やご家族様、多職種の方々と出会えることです。色々な方と会話することで自分の知らなかったことを教えて頂けたり、様々な発見が出来たりした時はとても面白さを感じます。

Q3. あなたが仕事で辛かったことは?そして、それを経験して何を得ましたか?

統括としてチームをまとめられなかった時です。 岡山の統括としてチームをまとめなければいけない立場なのに、うまくまとめることが出来ず統制できず悩んだ時期がありました。どうすれば上手く統制できるか考え、岡山の店舗内、店舗間のコミュニケーションをしっかりとることに力を入れてきました。その結果、様々なやりとりが円滑に進み、業務の効率化を図ることが出来ました。

Q4. あなたがトマト薬局を選んだ理由は何ですか?

やりたいことをバックアップしてくれるからです。 私は薬剤師をしながら学位を取りたいという夢があったのですが、見学の際にその話を代表に非常に熱心に聞いてもらえたことがきっかけです。実際に入社後、大学院入学から卒業まで様々なサポートをして頂き、2012年に博士号を取得することができました。やりたいことを強力にバックアップしてくれる熱い社風は一番の魅力だと思います。

Q5. あなたの仕事内容を教えてください。

在宅医療チームのリーダーとして活動しています。 トマト薬局では現在、保免店、大島店、奉還町店は在宅医療特化型薬局として活動しています。これらの店舗では在宅医療に必要な多職種カンファレンスへの参加、輸液の混注など多岐にわたる業務を行っています。私は主に岡山における在宅医療チームのリーダーとして活動しており、スタッフと患者訪問に関する打ち合わせや、病院や医師、ケアマネージャーからの問い合わせへの対応も行っています。もちろん、私自身も現場スタッフとして患者様の訪問を行っています。

Q6. あなたが仕事でうれしかったことはありますか?

皆の仲が非常にいいことです。 岡山エリアではこの5年、離職率0%のデータが示す通り、店舗間を超えて非常に仲が良く、慰労会などを企画するのですがいつも沢山のスタッフが参加してくれます。普段の業務でもこのチームワークが存分に発揮されており、いつも本当に嬉しく思っています。もちろん、愛媛エリアスタッフと合同で企画を行うなど、エリアを超えた連携も取れています。

Q7. プライベートはどのようにお過ごしですか?

家族サービスをすることが多いです。 家族と買い物に行ったりご飯を食べに行ったりと家族サービスをすることが多いです。大型連休の時は家族で旅行に出掛けたりして思い切り楽しんでいます。自分の時間がある時は、読書をしたり音楽を聴いたりしてゆっくり過ごしています。

Q8. あなたの今後の目標をどうぞ!

薬剤師の職能向上にしっかりと貢献したいです。 在宅医療の分野では地域のリーダー薬局として活動を行っていますが、この経験を基に薬剤師の職能向上にしっかりと貢献できるようにしていきたいです。そのために今以上に学会活動や講演活動をもっと積極的に行っていきたいと思います。